にきびが出来る原因をしって予防しよう

バナー

にきびが出来る原因をしって予防しよう

にきびとは皮脂の分泌が過剰になり毛穴の入り口が詰まってしまうことで出来ます。たかがにきびと放置してしまうと炎症を起して痕が残ってしまいます。



何よりも大事なのはにきびが出来る前に予防することです。



そこで基本的な3つの予防法をご紹介します。

【バランスの良い食事】人の身体を作るのは食事です。不規則な時間に栄養バランスの偏った食事をしていると当然、肌にも影響が出てきます。

特に思春期は身体を作るために食欲が旺盛で、脂っこいものや栄養の偏ったものをついつい食べ過ぎてしまいがちです。


お菓子などを過剰に食べてしまいそうななったときには果物を食べる。


食事に一品野菜スープを足してみる。寝る3時間前には食べないようにするなど手軽に出来る食生活の改善を心がけてみてください。

【十分な睡眠をとる】昔から睡眠不足はお肌の敵といいますが、まさにその通りです。

睡眠不足になると血の流れが悪くなり肌への栄養が行き渡らなくなります。

新陳代謝や免疫力の低下と悪いことだらけです。

にきび予防には質の高い睡眠をとりましょう。

【スキンケアで大事なのは保湿】皮脂が原因ならば洗顔で洗い流してしまえばいいのではない?と思いがちですが、皮脂を必要以上に落としてしまうと肌のうるおいが失われて乾燥してしまいます。

そうすると角質が固くなり、毛穴が詰まりやすくなる原因になってしまいます。

皮脂の分泌が活発になっている部分を洗顔することは必要ですが洗い過ぎないこと、洗顔後に肌への保湿成分の入った化粧水や美容液で十分に保湿しましょう。

さらに身近になったBIGLOBEニュースを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。